カンファレンス グラフィックス 場所:ワールドインポートマート5F

29日(木) 13:00〜15:00

【G2】訴求力強化が進むDMメディア

デジタルマーケティングが注目され、「マス」から「One to One」へと変化していく中、売り上げに直結する行動喚起力が再評価されているのが「DM」である。顧客情報のセグメント化も必須になってきている現状を踏まえ、マーケティング×印刷の視点からもDMビジネスについて議論する。

モデレータの日本ダイレクトメール協会の椎名昌彦氏より、「訴求力」をテーマにデジタルメディアを含んだマーケティングメディア全体の中でのDMの位置づけとDMメディアの特徴、「訴求力」についての実態を概説。また、「訴求力」の強いDMがどのように使われているかを、DM大賞受賞作品をもとにいくつかのトレンドに分類して説明する。

スピーカーには、マーケティング企業であるフュージョンの佐々木卓也氏、通販企業の顧問・コンサルティングを行うダイレクトマーケティングゼロの田村雅樹氏を招き、以下のテーマについて、自社の成功事例など具体例を交え議論する。

ディスカッションテーマ
1.DMの訴求力は強くなっているのか?
2.デジタルとDMの最適な組み合わせ方とは?
3.One to Oneによる訴求力向上の可能性
一覧に戻る 参加申込

このセッションの参加費は、16,200円 です。
お申し込みセッション数によって割引があります。

  • 佐々木卓也
    (ささきたくや)
    フュージョン 代表取締役社長
    2000年マーケティング会社であるフュージョン株式会社に入社。ダイレクトマーケティング事業構築に携わり、現在代表取締役社長。米国DMA公認ダイレクトマーケティングプロフェッショナル。マーケティング戦略策定、マーケティングリサーチ、マーケティングシステム構築、セールスプロモーション企画立案等、全国多数・他業種の企業の顧客との距離を縮めるサポートを行っている。
  • 田村雅樹
    (たむらまさき)
    株式会社ベネッセコーポレーションにて、10年以上ダイレクトマーケティングに従事。同社でNo.1レスポンス率を樹立。その後、大手化粧品通販会社にてCRM事業部長に就任し、赤字だった同事業を抜本改革により、わずか1年で黒字化。2年で300%以上の成長をさせる。2009年の株式会社ダイレクトマーケティングゼロを設立し、化粧品・健康食品を中心に通販企業500社以上の顧問・コンサルティングを行う。講演・寄稿等多数。
  • 椎名昌彦
    (しいなまさひこ)

    モデレーター
    早稲田大学卒業後、電通に入社。1985年、ダイレクトマーケティング専門広告会社、電通ワンダーマンの設立と同時に出向。金融、ITなど広範な業種で顧客獲得、CRMなどを中心に企画・実施作業を統括。電通に復帰後は通販、ダイレクトビジネス全般の業務を経て2011年より(一社)日本ダイレクトメール協会専務理事に就任、業界活動や教育・執筆活動も行っている。 2010年:早稲田大学ビジネススクール非常勤講師 2011年:「先頭集団のダイレクトマーケティング」発刊(企画・監修) 2015年:中央大学ビジネススクール非常勤講師