カンファレンス

2月 7日(木) 15:45~17:45 場所:ワールドインポートマート5F

【G4】見える化から始める収益改善~見積り編

 

収益確保において大きな意味合いを持つのが見積りである。不当に安い見積りを製造工程で取り返すのはほぼ不可能である。そのためにも営業が「リアルな原価感覚」を持つことが重要で、それが「見える化(個別原価管理)」の大きな目的のひとつでもある。本セッションでは、自社原価の根拠となる時間コストを簡易に算出できるツールの紹介や見積精度向上のための社内勉強会の取組み事例を紹介するとともに価格競争のなかでの利益確保について議論する。

参考プレスリリース
アイ・シー・ラボ、「印刷個別原価・利益算定ツール」開発
 

 

一覧に戻る  参加申込  参加取消 満席

このセッションの参加費は、16,200円 です。
お申し込みセッション数によって割引があります。

当日価格:17,000円 です。

  • 出口 淳
    株式会社エクシート 専務取締役
    1999年横浜国立大学経済学部卒業。米国ブリッジポート大学院経営学修士(MBA)課程でマーケティングを学ぶ。2007年、家業である印刷会社の後継者として福井に帰郷。社内改革に着手するやいなや、営業・製造、そして収益管理におけるムダを痛感し、「脱・ドンブリ営業」、「脱・ドンブリ製造」、「脱・ドンブリ勘定」の「3つの脱・ドンブリ活動」に挑戦してきた。また、顧客の販売促進のお手伝いをする中で広告のムダの多さにも気づき、効率のいい広告とはなにかを追い求める日々を過ごしている。現在は企業経営とともに、お客様との勉強会やセミナー、セールス設計支援に積極的に取り組んでいる。
  • 大城 和哉
    株式会社アイ・シー・ラボ 事業本部コンサルティング部門 マネージャー

    2011年アイ・シー・ラボ入社。印刷業界において、管理会計や原価管理の構築支援を多数実施。印刷会社に常駐して業務棚卸~システム要件定義~新業務フロー運用定着に至るまでの一貫した支援を行うなど、業務変革の実現に向けたハンズオン型の支援を提供している。その他、人事評価制度の再構築、営業戦略策定、長期経営方針策定など、支援実績は多岐にわたる。

  • 花房賢
    (はなふささとし)
    モデレーター
    JAGAT 研究調査部 担当部長
    1992 年に社団法人日本印刷技術協会入職。研究調査部に所属。MISやワークフロー・JDFを担当する傍ら、標準原価を活用した利益管理システムの啓蒙活動および導入支援を行う。2010年より全印工連教育研修委員会 特別委員。 2018年2月より「見える化実践研究会」を立ち上げる。