カンファレンス

まだ定まった答えのない未知の技術やビジネスをテーマに、可能性や対応について識者が議論、答えを浮かび上がらせようとするものです。 注目の基調講演はこちら⇒

26日(水)

13:00~15:00

参加費:16,200円

当日価格:17,000円

【G1】「デジタル×紙×マーケティング」を支える技術!~バリアブル印刷の実際〜

デジタル×紙×マーケティングというとデジタル印刷を使用したバリアブルDMを思い浮かべると思うが、バリアブル印刷は機械とかソフトを買いさえすれば、問題なく出来るというものではない。現在第一線で活躍するスピーカー達とバリアブル印刷の現実をディスカッションする。バリアブル印刷のキーマン達を集めてその神髄に迫りたい。

26日(水)

15:45~17:45

参加費:16,200円

当日価格:17,000円

【G2】「デジタル×紙×マーケティング」を実践する印刷会社

バリアブル印刷を受注している印刷会社は増えているが、マーケティングを前面に押し出して印刷ビジネスを実践している会社はそう多くはない。本セッションではMAを自社営業で実践している会社、マーケティングを前面に押し出してビジネス展開している会社を集めてディスカッションしたい。参考になる情報が満載のセッションである。

27日(木)

13:00~15:00

参加費:16,200円

当日価格:17,000円

【G3】入稿・制作業務の効率化~AI、RPA、スクリプト

きめ細かなマーケティングは小ロット化をさらに推し進め、デザインやDTP制作、あるいは入稿・受注処理業務がボトルネックとなる可能性が高い。自動化、効率化の手段として、AIやRPAが話題になっているが、スクリプトによる自動処理も古くて新しいソリューションといえよう。それぞれのツールの向き、不向き、そして将来性について議論する。

27日(木)

15:45~17:45

参加費:16,200円

当日価格:17,000円

【G4】見える化から始める収益改善~見積り編

収益確保において大きな意味合いを持つのが見積りである。不当に安い見積りを製造工程で取り返すのはほぼ不可能である。そのためにも営業が「リアルな原価感覚」を持つことが重要で、それが「見える化(個別原価管理)」の大きな目的のひとつでもある。本セッションでは、自社原価の根拠となる時間コストを簡易に算出できるツールの紹介や見積精度向上のための社内勉強会の取組み事例を紹介するとともに価格競争のなかでの利益確保について議論する。